最新情報

TEL お問い合わせ ご契約内容・
報酬基準

カテゴリー:

  • 在宅勤務を基本とする勤務形態について、通勤定期代を廃止すること

    労働者は、使用者との労働契約で定められた就業場所において労務を提供しますが、これに要する費用は、本来労働者が負担すべきものです。したがって、使用者は、労務の提供に必要な通勤費の支給義務を負わず、これを支給するか否か、支給するとしていかなる条...

    続きを読む

  • 今から備えておきたい短時間労働者の社会保険の適用拡大への対応策

    短時間労働者に社会保険が適用される従業員規模常時500人超の事業所を「特定適用事業所」といいますが、今回の法改正で、この特定適用事業所の規模が令和4(2022)年10月から常時100人超、令和6年10月から常時50人超と段階的に拡大されるこ...

    続きを読む

  • 定年後再雇用者の基本給の一律減額や賞与を不支給にすることは可能か

    正社員と有期雇用労働者である定年後再雇用者との待遇に相違は、パートタイム・有期雇用労働法8条の問題になります。正社員と定年後再雇用の待遇の相違が問題となった長澤運輸事件で、最高裁は、①定年後再雇用者を長期間雇用することは予定されていないこと...

    続きを読む

  • 人事評価

    年功的な要素が強い人事評価では、「成績を上げているのに低評価が続くのはおかしい」として、従業員の納得が得られない評価を巡り、トラブルになるケースがよくあります。人事評価は、通常、昇給や賞与、昇格を決定する上で、その指標として重要な役割を果た...

    続きを読む

  • 押印の廃止

    デジタルガバメント分野の新たな取り組みとして、「行政手続きにおける書面規制・押印の廃止、対面原則の抜本的な見直し」が掲げられ、これを受けて、労働基準法施行規則の改正により、現状では使用者の署名または記名押印が必要である届出等の様式に関して氏...

    続きを読む

ページトップへ